HIZAKOZOO

『ひざこぞう』じゃないよ『ひざこずー』だよ!

【NMB48】「道頓堀よ、泣かせてくれ!」【感想・評価】

time 2016/02/03

【NMB48】「道頓堀よ、泣かせてくれ!」【感想・評価】

おつかれんこんパイナップル♪

ごりぽよです。

NMB48初のドキュメンタリー映画「道頓堀よ、泣かせてくれ!」を見てきました!

感想など個人的な意見ではありますが書き記したいと思います。

ちなみにNMB初心者なんで割と一般的でありにわかファンな目線になるかと思いますがご了承下さい。

※ネタバレを含む本編に触れた内容になりますのでご注意ください。

●次世代エース!ふぅちゃん(矢倉楓子)とみるるん(白間美瑠)

無題

ふうちゃんを軸として描かれていましたね。

母子家庭、歳の離れた弟という環境に育ったふぅちゃんがNMBで大ブレイクして家庭を支えるぞというキャラを植え付けられた後に水着でグラビア撮影しているシーンはめっちゃ複雑な心境になりました。笑

一方のみるるんは天真爛漫なお嬢様、握手会ではふぅちゃんより列を作り、総選挙ではふぅちゃんより上位、ふぅちゃんがチームA兼任解除の後にみるるんがチームA兼任なんて描かれ方してるもんだからみるるんがちょっとした悪者に見えちゃうんですよ。

次世代エースの競争を描くにはああするしかなかったのかと頭を抱えるとこですが全く知らない人から見たら上記の様な印象になってしまうのではないかとちょっと心配です。

2人とも良きライバル関係であり次世代を担っていくカワイイ子ちゃんなんですよね。

●哲学者を目指すアイドル りりぽん(須藤凜々花)

img_nmb48-7_30

冒頭、合間、締め括りと要所で哲学的語りを入れてくるりりぽん。

変な子だなぁ~って印象だったけど哲学大好きっ子だったのね。

率直に言わせて頂きますと可愛い。声も可愛い。ドリアン少年のPV最高。

一番印象に残ってるシーンは「ニーチェ先輩」でセンターを務めたりりぽんにダンス振付師のAKIRA先生が負のオーラがあるって追い込んで泣かせちゃう場面は芸能界の厳しさというか、そんなに言わないでもいいじゃん!って気になりました。笑

アイドルとして振る舞う自分、ファンが求めるアイドルとしての自分は本当の自分ではないみたいなセリフは哲学的でしたね。

●不遇の一期生 あーぽん(沖田彩華)

726899e4

正直あーぽんのことはこの映画で初めて存在を知りました。

NMB一期生から所属しているものの選抜になかなか選ばれず苦悩と努力を繰り返し、最後は選抜に入れてハッピーエンド!的な描かれ方でしたが気になる点が・・・

金子支配人のもとになぜ選抜に入れないのか聞きにいくファン達、明確な答えを濁す金子支配人という描写からなんやかんやあって映画の最後にあーぽんが金子支配人から呼び出され選抜入りを告げるシーン。

男関係が大丈夫かってすごい念押ししてくるんですよ!!笑

確かにNMBは男性関係でのスキャンダルが色々あったけど今回の映画では描かれていないのですよ。

なんかあーぽんが男関係が臭うから選抜入りさせれなかったの?みたいなこと思っちゃたりしましたが、総選挙速報でランクインして最終的に入れなかった時のあーぽんとファンの涙がそれを否定してくれていると思います。

●最後に・・・

847a2c4d-s

山田菜々の卒業もあんまり取り上げられなっかたり、新喜劇に行ったあいにゃんも全く出てこなかったりでちょいとガッカリ。

これまでのNMBというよりもこれからのNMBを知るためのドキュメンタリーでしたね。

今回の映画でさや姉中心の描写ももちろん多かったけど今回は割愛します。(ただ言えるのはやっぱりさや姉は最強ですね。)

感動したなぁってシーンをまとめますと・・・

・総選挙でみるきーの順位が復活し、舞台に行く前にさや姉とハイタッチするシーン。

・あーぽんファンが総選挙会場で悔し涙するシーン。

・さや姉が総選挙速報の結果に涙するシーン。

もっとあったかもだけどパっと思い出せた感じだと3つです。

NMBは可愛い子が多いしポテンシャル高いから推し増に繋がると思い避けてましたが完全に影響受けちゃいました!笑

ふぅちゃん可愛い、りりぽん可愛い、さや姉可愛い、みるきー可愛い、あーぽん可愛いとまんまと映画にやられてます。

 

思ったままに箇条書き、内容の無い感じになってしまいましたが以上です!

 

 

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
ごりぽよだよ。

sponsored link

down

コメントする




ゲーム

カテゴリー

アーカイブ

sponsored link






sponsored link